11/14/2016

スティーブン・ウルフラムが恒星間航行を考案

Slashdotによれば、映画「Arrival (邦題: メッセージ)」のテクニカルな部分はウルフラム親子によるもの。アカデミー賞候補の声があるとか。日本での公開は何と来年の5月。どうかしている。

新しい映画「Arrival」はエイリアンとのファーストコンタクトを描いており、プロデューサはどのように恒星間航行を実現できるかという問題に直面していた。彼らは未来学者のスティーブン・ウルフラムにアドバイスを求め、彼はわずか一晩で答えを考え出した。また、映画の中のコンピュータ画面に表示されるコンピュータプログラムの大部分を彼の息子に依頼した。Slashdotの読者mirandakatzがウルフラムのネタを取り上げる:

クリストファーはしばしば映画の中で見られるプログラムコードには意味がないことを重々承知していた(お気に入りは、前後関係に関係なく、Linuxのnmap.cのソースコードがよく見られる)。しかし、彼は意味をなすコードを作りたいと思っていた。そして、映画の中で行われる解析を実際に行った... 例えば、エイリアンの筆跡を再構成する素晴らしいシーンがある。そこでは、ウルフラム言語のノートに見事なウルフラム言語のプログラムコードが見られる。そう、プログラムは実際にノートの中にある変換を実行する。本当の計算が実行される本物である...

映画のために、私は恒星間航行の特定の理論を持ちたいと思っていた。そして、ひょっとしたら、遠い未来のいつか正しいことかが分かるだろう。しかし今のところ、我々は決して分からない。実のところ、おそらく、既存の物理学には単純に解決策があって、すぐに恒星間航行は可能かも知れない。

ウルフラムの理論は、空間は長距離接続が時折3次元空間の外に裂け目をもたらすノードの下層から発生する特性の一つに過ぎないと仮定した。彼の6900単語のエッセイ(彼のブログにオリジナルがある)は映画作りはソフトウェア開発と構造的類似を持っていると言っている。そして、エイリアンがやって来た時にどのように彼らとコミュニケーションを行うかの疑問に取り組んだ。

geektyrant