10/10/2016

なぜ、SF小説は文学賞に冷遇されるのか?

Slashdotより

Slashdot購読者bowman9991は、GalacticBrainのエッセイーを引用する。

SF作家は昔からそれに対する攻撃材料としてジャンルの中で最悪の例を使う批評家たちによって、文学界から見捨てられてきた。しかし、時にはSF作家自身でさえ自身の本質を攻撃している:「SF小説はロケット、化学、宇宙にいる喋るイカの話なの。」とマーガレット・アトウッドは馬鹿にした。彼女はSF作家ではないけれど、人々を納得する多くの試みの一つ、彼女の最も有名な小説の一つ、侍女の物語は確かに...

文学の権力層や非SFの賞を与える組織によってしばしば、くだらない、pulpishだ、商業的な軽薄な汚い小説だと考えられ、主要な文学賞を受賞するSF小説が非常に少ないのは驚くことではない... (明らかに文学賞ではない)賞を獲った火星三部作の著者キム・スタンリー・ロビンソンは文学界の権力層を酷評する[2009年]。SF小説を無視する無知な、現代の最高のイギリス文学を選ぶブッカー賞を批判する。

記事はシンプルな疑問で終える。「SF作家はいつも出版ゲットーを避けているのか?」