10/12/2016

JavaScriptのパッケージマネージャ「Yarn」

FacebookがJavaScriptのパッケージマネージャ「Yarn」をリリースした

JavaScriptコミュニティで、エンジニアは基本的なコンポーネント、ライブラリ、あるいはフレームワークを書き直すのを避けるため、数十万ものコードの一部を共有している。各コードの一部は他のコードの一部に依存しているかもしれない、そしてこれらの依存関係はパッケージマネージャによって管理されている。最も有名なJavaScriptパッケージマネージャはnpmクライアントで、npmレジストリの中には30万以上のパッケージへのアクセスを提供している。500万以上のエンジニアがnpmレジストリを使っており、毎月50億ダウンロードに及んでいる。

我々は長年Facebookでnpmクライアントをうまく使っていたが、我々のコードベースのサイズやエンジニアの数の成長に伴い、一貫性、セキュリティ、パフォーマンスに問題にぶつかっていた。問題が生じるたびに、各問題の解決を試みてきたが、我々はより信頼性ある依存関係の管理に役立つ新しい解決策を作ることに着手した。その取り組みのプロダクトはYarnと呼ばれる。高速で、信頼性があり、セキュアなnpmクライアントの代替手段である。

我々は、Exponent、Google、Tildeとの共同作業によるYarnのオープンソースリリースを発表するのを喜んでいる。Yarnでは、エンジニアはまだnpmレジストリにアクセスするが、より高速にパッケージをインストールでき、マシンを超えてあるいはセキュアなオフライン環境で一貫性のある依存関係を管理する。エンジニアはコードを共有する際に素早くYarnへの移行が可能で、重要な事、新しいプロダクトや機能を作ることに集中できる。

TechCrunch