10/19/2016

GoogleがオープンソースのTLDレジストリを発表

Googleがオープンソースのクラウドベースのレジストリプラットフォーム「Nomulus」のリリースを発表した

Nomulusはオープンソースで拡張可能なトップレベルドメイン(TLD)運用のためのクラウドベースのサービスである。TLDの信頼できるソースであり、ドメイン名の所有権の追跡、登記の処理、更新、利用可能性の確認、WHOISリクエストに責任があるという意味する。登録者となるエンドユーザ(例えば、ドメイン名を登録したい人や企業)はレジストリと情報をやり取りするのに、彼らに代わってやってくれるドメイン名レジストラを利用する。

NomulusはGoogle App Engine上で動作し、主にJavaで書かれている。Googleレジストリは、.GOOGLE、.HOW、.SOY、.みんなのようなTLDを運用するのに利用しているソフトウェアである。水平方向に拡張することで、一つの共有レジストリシステムでTLDをいくつでも動作させることができる。ソースコードはこのレポジトリの中でApache 2.0ライセンスの下で誰もで利用可能である。

CircleIDTechCrunch