10/01/2016

米4つの州がIANA機能の移管停止訴訟を起こす

Slashdotより。10月1日にNTIAとICANN間のIANA契約が失効するのだが、IANA機能の移管についてはまだ紆余曲折しそうだ。

共和党の4つの州の法務長官が米国から国際的な運営組織へのインターネットドメインシステムの管理の移転を阻止するために訴訟を起こしている。テキサス州のKen Paxton法務長官、アリゾナ州のMark Brnovich法務長官、オクラホマ州のScott Pruitt法務長官、ネバダ州のPaul Laxalt法務長官がInternet Assigned Numbers Authority (IANA)の機能のホワイトハウスの移転案を停止させるため、水曜の夜に訴訟を起こした。州当局は米国商務省電気通信情報局に対する訴訟の中で憲法上の懸念事項に言及している。「オバマ政権の決定は議会の承認なしに国有資産を引き渡すことで憲法の所有権条項、萎縮効果による憲法修正第1項、法廷権利を超えて決議することによる行政手続法に違反している。」とPaxtonのオフィスが発表した声明に書いてある。法務長官らは 「移転は議会の承認が必要な国有資産の移転を取り込んでいないと結論を出した」政府説明責任局(GAO)の報告を考えると米政府が国有資産を勝手に譲渡していると主張する。Paxtonは、インターネットドメインシステムを監督する国際的な運営組織上の声をロシア、中国、イランに与えるこtによってインターネットでの自由な発言に影響を与えるというテッド・クルーズの警告にも同調した。「インターネットの自由であり続けることを確かにするのに独裁的な政権を信頼することは愚かなことだ。大統領は、インターネットは自由な表現が繁栄できる場所であり続けることを保証するアメリカの開拓的役割を簡単に放棄するような権限を持っていない。」とPaxtonは語った。

更新(2016.10.6)

この訴えは却下され、IANA機能はグローバルなインターネットコミュニティ(IETF、RIR)に移った