9/20/2016

Netflix、クリエイティブ・コモンズで「Meridian」をリリース

Slashdotより。Netflixが今週リリースしたオリジナル短編ドラマ「Meridian」は映像フォーマット、コーデック評価用の無料コンテンツとのこと。

Netflixが8300万の有料視聴者だけでなく、すべての人に向け「Meridian」をリリースした。Netflixはストリーミングが4K TVのように見えるビデオコーデックのパフォーマンスを評価するためのテスト映像としてこの作品を制作した。しかも、Netflixはハードウェアメーカー、コーデック開発者、あるいはAmazonやHuluのような競争相手すべてに対してオープンにするよう、それを作ることを決めたのだ。Varietyのレポートより:
Netflixは多くのリソースを共有しない業界に向けた新しい試みとして「Meridian」のリリースにクリエイティブ・コモンズのライセンスを使っている。「それらは単にコンテンツを与えるのではなく、コンテンツを生かすビジネスである。」NetflixのコンテンツパートナーオペレーションのディレクタChris Fetnerが語った。Netflixを別にして、それは普通のことである。シリコンバレーのDNAの結果、Netflixはクラウドコンピューティング中心のオープンソースプロジェクトで長い間他の企業と協力している。これから、同じことをハリウッドに向けてやりたいと考え、「Meridian」は単なる始まりにすぎない。今週、Netflixはスタジオやビデオサービス向けに一般的な問題に取り組む一連のツール群のオープンソース化もしている。

Creative Commons