8/02/2016

オープンプロトコルの黄金時代

フレッド・ウィルソンがビットコインの技術を使ってプロトコルでマネタイズする方法があると書いている。

プロトコルはオタク向けの話題である。アプリケーションについての話題の方がはるかに面白い。人々はgmailあるいは他のメールアプリケーションが好きな理由についてくどくどと語るだろうが、ほとんどの人はgmailアプリケーションが他のメールアプリと通信するための基本的なメールプロトコルであるSMTPやIMAPにはワクワクしない。

オープンプロトコルは我々が持つほとんどの重要なシステムの中心にある。インターネットはTCP/IPで動いている。ウェブはHTTPで動いている。メールはSMTPで動いている。これらは開発者がアプリケーションをその上に作ることができるオープンシステムである。世の中には多くのプロプライアタリなプロトコルもある。しかし、プロプライアタリなプロトコルはMicrosoft、Apple、Googleなどのようにユーザを縛り付け、プロプライアタリなプロトコルの所有者のための価値を追い求める傾向にある。

我々が持つ技術の問題の一つに、オープンプロトコルを作って維持するために大きな金銭的な動機(インセンティブ)がないことである。オープンなら、従来の方法で簡単には収益化(マネタイズ)できない。

しかし、これはブロックチェーンや暗号トークン技術の出現で変わってきた。私のパートナーであるアルバートは先週このことについて重要な投稿を書いた。その投稿から2つの段落を示す:

プロトコルの作成やそれらの発展の管理のためにインセンティブを提供する新しい方法がある。私が言っているのは暗号化トークンについてである。あたなはアトラクションに乗るために適正に購入する引換券(トークン)のようなものと考えることができる。様々な購入者が自分の乗り物を持ち、トークン単位で価格を設定できる。あなたはトークンを買うだけで(不換通貨fiat currencyへの交換)、市場を通じてそれらを使うことができる。ブロックチェーンで我々はデジタル的なトークンを発行して引き換える方法を既に持っている(基本的なブロックチェーンはビットコインあるいはイーサリアムあるいはSteemitの場合のように自分自身でも可能だ)。

営利企業である"A"はいくつかのトークンを保持することによって新しいプロトコルを作って、それ自身(とその投資家)で価値を作ることができる。もし、プロトコルが広く使われるようになれば、トークンの価値は増大するだろう。例えば、分散型ストレージサービス(AmazonのS3のような)を考えてみてほしい。誰でもプロトコル仕様に満足しさえすれば、好きなプログラミング言語でストレージプロトコルを実装できる。彼らは関連するストレージトークンにお金を受け取ることができる。プロトコルのオリジナル作者は、採用の度合いやトークンを保持する度合いに応じてお金を得るだろう(そして、後でより高い価格で売ることができる)。これは仮定ではなく、すでにStorjSIAFilecoinを含む様々なプロトコルが存在している。

これは我々が持つよりオープンなプロトコル、我々が将来持つであろうオープンシステムには非常に重要である。もし、Twitterがこの方法を使ってマネタイズできたなら、状況は非常に異なる形で展開されただろう。Twitterの初期に、サードパーティ製のアプリケーション(Summizie for Search、Tweetie for iOSなど)があった。これらはTwitterのAPIで全て作られていた。もし、Twitterがアプリケーションの代わりに、プロトコルとしてそれ自身を考えていたら(想像していたら)、これらのサードパーティ製アプリケーションはTwitterと競合(あるいは買収)しなかっただろう。しかし、その当時、Twitterのファウンダーや経営チームにとって、プロトコルベースのビジネスモデルから利益を享受できることは明らかではなかった。

この新たなモデルでは、Twitterはプロトコルベースのアプローチを適用でき、暗号トークン(トゥークン: Twokens)を発行できる。それはユーザがフォロワーを収集したり、嫌がらを報告するなど、このようなことから収入を得ることができる。トゥークンはTwitterの創設チームによってそれらの事業に融資するため販売される。暗号交換はトゥークンでマーケットが形成され、Twitterプロトコルの将来の価値に投資したい誰もが貢献するだろう。

私は彼らがとったアプローチに対して、Twitterを批判していない。私が初期にそこにいたら、そのアプローチに完全に従って、支持していた。その当時には財政的に意味のあることだった。新たなTwitterの強豪先がこの新しいモデルを使って出現するかもしれないということを言ったり予測したりもできない。私が言えることは、プロトコルベースのビジネスモデルをベースにした革新的な新しいプロトコルの出現が見え始めるだろうと思っている。明らかに、アルバートはそれも信じていて、USV(Union Square Ventures)もそうだ。アルバートが彼の投稿で言及しているのはそれは素晴らしい新世界で、我々は投資家として、我々にとって何の意味があるのか、どのように出現し、このモデルに投資をするのかということに取り組んでいる。

しかし、ここAVCで何度も言っているように、私はビジネスモデルのイノベーションはテクノロジーのイノベーションを破壊すると思っている。現役(Incumbents)は、彼らが適用して、新しいビジネスモデル(フリーなアドサポートソフトウェアにソフトウェアを売ること)を採用するよりも簡単な方法で、適応し、新しい技術的な変化(ウェブからモバイルへ)を採用することができる。そして、この新しいプロトコルベースのビジネスモデルは、これらの"会場の変更(changes of venue)"の一つのように感じる。私のパートナーであるブラッドはそう呼ぶのを好んでいる。そして、それは私にとって、大きな投資が可能なマクロ・トレンドのような臭いがする。

Hacker News