8/27/2016

Amazonが週30時間勤務、75%給与をテスト

Slashdotより。AIやロボットによって、労働時間が減っていくと見越してのことだろうか。

Amazonは労働者から選抜して通常週40から70時間労働の代わりに週30時間労働とし、給与とボーナスを75%にした場合に問題があるかどうかのパイロットプログラムを計画している(別のソース)。記事より:

目下のところ、そのパイロットプログラムは小規模で、数十人からなるだろう。これらのチームは月曜日から木曜日の午前10時から午後2時までの勤務にフレックス時間を設け、会社の人材開発部門の中で技術製品の開発に取り組むことになるだろう。彼らの給与は40時間労働者よりも低くなるが、望むならフルタイムに移行する選択肢も持つ。チームのメンバーは会社の内外から雇用される。今のところ、Amazonは会社全体では週40時間労働に変更する計画はないと広報担当は述べている。